レーベル物産展 DISCHORD編 其の1

20年以上の歴史を誇るワシントンDC拠点のレーベル。
当初はハードコアバンド中心だったが徐々にジャンルに捕われないバンドを輩出していき
そのスタンスはあくまで自由。また基本的にDCローカルのバンドをリリースし、
地域性に拘ったレーベルカラーは今尚健全。
レーベルページはこちら

1ページ目  2ページ目  3ページ目

VA/FLEX YOUR HEAD

(DISCHORD RECORDS DIS7)  CD 1580円
ジャンル:80'S HARDCORE
1982年にリリースされた全11バンド32曲入り名オムニバス!!!当時のDCハードコアシーンの熱気がガツンガツンと伝わってきます!!!収録バンドはTEEN IDLES、UNTOUCHABLES、STATE OF ALERT(S.O.A)、MINOR THREAT、GOVERNMENT ISSUE、YOUTH BRIGADE、RED C、VOID、IRON CROSS、ARTIFICIAL PEACE、DEADLINEの全32曲!!!各バンドメンバーはその後様々なバンドを経ていくわけでそのの原点がここにあり!!!

out of stock
VA/DISCHORD 1981 : THE YEAR IN SEVEN INCHES

(DISCHORD RECORDS DIS14)  CD 1580円
ジャンル:80'S HARDCORE
こちらはDISCHORDのカタログナンバー1から6のEPを集めた全48曲入り強力盤!!!収録はTEEN IDLES、SOA、GOVERNMENT ISSUE、YOUTH BRIGADE、MINOR THREAT!!!「FLEX YOUR HEAD」共々一家に一枚な必聴盤であります!!!至極の初期DCハードコア、すべてはここから始まった!!!

out of stock
RITES OF SPRING/END ON END

(DISCHORD RECORDS DIS16)  CD 1580円
ジャンル:MELODIC HARDCORE
1985年リリース。元FAITH、SKEWBALD、UNTOUCHABLESのEDDIE JANNEYに元DEADLINEのBRENDAN CANTYそしてGUY PICCIOTTO、MICHAEL FELLOWSの4人組。EMBRACEやDAG NASTYなど85年以降のREVOLUTION SUMMERな流れのバンドの一つ(結成はそれ以前だけど)。それまでのスピードを重視したDISCHORDの第一期のバンドから、新たなる展開に踏み出した感じでDISCHORDの中でも重要バンドであります。でも洗練されたって訳でなく、荒々しさやぶつけ所のない怒りはがっちり放出。感情に訴えるエモーショナル具合にGUYのささくれ立ったボーカルがあなたの心を鷲掴み!

out of stock
DAG NASTY/CAN I SAY

(DISCHORD RECORDS DIS19)  CD 1580円
ジャンル:MELODIC HARDCORE
1986年リリースの1stアルバム10曲に同じセッションで録音した2曲とライブ曲4曲をプラスした16曲収録。更に1st収録曲もリマスター済み。元MINOR THREATのBRAIN BAKERが自身のバンドを作る為に結成したこのバンド、本作ではボストンSxEバンドDYSのDAVE SMALLEYを2代目ボーカルに迎え今でも名盤と呼ばれるのも納得な至極のエモーショナル且つメランコリックな名曲がズラリですよ。DAVEはその後ALLそしてDOWN BY LAWと活動を経ていくわけですが彼の熱唱しながら僕らの涙腺をツンツン突付くボーカルスタイルの原点はここからでありますね。ちなみにライブ収録曲はDAVE SMALLEYのデビューライブを録音したものであります。

out of stock
EGG HUNT/ME & YOU

(DISCHORD RECORDS DIS20)  CD 780円
ジャンル:POST HARDCORE
DISCHORDの創設者の2人IAN MACKAYEとJEFF NELSONのユニット。2人が1986年にイギリス旅行に行き、その時ロンドンのお友達JOHN LODERのスタジオで録音したた2曲であります。収録曲は”ME AND YOU"と”WE ALL FALL DOWN"。後者は20周年ボックスセットに収録されてますんでお得感はいまいちですが値段も安いですし、結局は立ち消えになったようですがその後GRAY MATTERのメンバーと本格的バンドにしようとしたようでやっぱEMBRACE〜FUGAZIの流れを知る上で興味深い音源でありますね。そうそう”WE ALL FALL DOWN"はIANがEMBRACE用に書いた曲でありまっせー。

out of stock
EMBRACE/ST

(DISCHORD RECORDS DIS24)  CD 1580円
ジャンル:POST HARDCORE/EMO/MELODIC HARDCORE
1985年から1986年まで活動。MINOR THREAT解散後IANはかなり悩んでいたようで色んなバンドを立ち上げは消えるような状況が続いたよう。意を決して元FAITHの3人を従え結成したのがこのEMBRACE。当時盛り上がりを見せつつあったそれまでの大暴れするだけのハードコアと決別するREVOLUTION SUMMERというムーヴメント、皆はIANのニューバンドを熱望しそしてそれに応えるようにEMBRACEは叫ぶだけじゃなく切なさ満開なメロディアスで奥行きのあるサウンドを提示。DAG NASTYが好きな人はやっぱり聴いて欲しい音源ですね。今作はオリジナル14曲に名曲"MONEY"と"DANCE OF DAYS"のバージョン違いも収録で全曲リマスター済み。

out of stock
DAG NASTY/WIG OUT AT DENKO'S

(DISCHORD RECORDS DIS26)  CD 1380円
ジャンル:MELODIC HARDCORE
1987年リリースの2ndアルバム10曲にSELFLESS RECORDSからリリースされた「MANGO SESSION」5曲、1987年ニューヨークはアルバーニーでの未発表ライブ2曲を加えた全17曲入りCD。リマスター済みであります。ボーカルがDAVE SMALLLYからPETER CORTNERに、そしてベースもチェンジしましたが基本的エモーショナル具合は以前のまま。PETERのボーカルもDAVEほど力強くありませんげ、伸びやかで繊細。ずばり心の琴線触れまくりであります!

out of stock
MINOR THREAT/AT DC SPACE.BUFF HALL.9:30 CLUB

(DISCHORD RECORDS DIS27)  DVD 2680円
ジャンル:HARDCORE
カタログ番号見て何故に最近出たDVDがこの番号って思う方も居るかな?88年にリリースされたLIVEビデオと一緒とレーベル側は考えてるでしょう。そのビデオ収録の83年6月23日のラストライブ17曲、そして80年12月17日DC SPACEでのUNHEARD MUSIC FESTIVALに参加した時の7曲、82年11月20日のニュージャージーBUFF HALLの17曲、更にIANへのインタビューともうもう前のビデオと比較にならないほどの充実度、あっという間の92分。16ページのブックレット付。昔当時の彼女にビデオを見せて物凄〜く嫌な顔をされたのをふっと思い出しました。(笑)
VA/STATE OF THE UNION:DC BENEFIT COMP

(DISCHORD RECORDS DIS32)  CD 1380円
ジャンル:POST HARDCORE/EMO
1985年から89年の間に録音された全16バンド16曲収録したオムニバス。「FLEX YOUR HEAD」と比べてレーベルの変遷が一目瞭然ですが、こちらもSCREAM,IGNITION,SOULSIDE,3,MARGINAL MAN,ONE LAST WISH,FUGAZI,SHUDDER TO THINK,RAINなどなど濃いメンツであります。そしてこのオムニバスはタイトルから分かる通りベネフィットコンピでして、ジャケから勝手にホームレス救済のコンピと思っていたらインナー読むにホームレス問題を含めそれを産みだすアメリカの体制に何らかのアクションを起こしていこうという問題提議が目的のようです。インナー最後に様々な活動をする団体の連絡先も明記されてますし、そういう意識を持って聴き歌詞を読むとまた違った聴き方が出来るかもしれませんね。ちなみにFUGAZIの収録曲はこのオムニバスでしか聴けない彼らの1stデモの曲です。そしてこのアルバムタイトルと一緒のベネフィットライブでFUGAZIはデビューライブを飾ったわけです。

out of stock
3/DARK DAYS COMING

(DISCHORD RECORDS DIS33)  CD 1580円
ジャンル:EMO/MELODEIC HARDCORE
IANとJEFFのEGG HUNTがGRAY MATTERメンバーを加え本格始動しようとしたが結局頓挫し、IANは抜け残されたメンバーで活動しだしたのがこの3(THREE)。JEFF NELSONがもちろんドラムでそれ以外のメンバーはGRAY MATTER、活動は86年から88年。彼が奏でる音は繊細でメロディック、瑞々しく青臭さ満開。GRAY MATTERのボーカルでもあるGEOFFのボーカルが心の事琴線に触れまくりです。今作は87年リリースの10曲入りアルバムにデモ音源を加えた全20曲収録。名曲”SWANN STREET"にやられて下さい!

out of stock
FUGAZI/13 SONGS

(DISCHORD RECORDS DIS36)  CD 1880円
ジャンル:POST HARDCORE
上記の通りFUGAZIの88年にリリースされたセルフタイトルのEPと「MARGIN WALKER」を収録した13曲入りCD。1曲目”WAITING ROOM"から熱くグッグッと来ちゃいます!TEEN IDLESやMINOR THREAT聴いてからこれを聴くとうぬぬとなっちゃうハードコア好きも居るかもしれませんが、その間のEMBRACEや周辺バンドを聴きFUGAZIを聴くと当然の進化と感じられる筈(?)。ちなみにFUGAZIは結成当初はIAN、JOE、BRENDANのトリオ編成でやる予定だったようですが2度目のライブの時GUYがステージに上がりっぱなしで一緒に歌い、結局自然な流れで加入したようです。BRENDANとGUYはRITES OF SPRING,ONE LAST WISH,HAPPY GO LICKYと腐れ縁でありますからね。
MINOR THREAT/COMPLETE DISCOGRAHY

(DISCHORD RECORDS DIS40)  CD 1780円
ジャンル:HARDCORE
御存知MINOR THREATのコンプリート音源です。1980年から83年まで(途中ギターのLYLEが大学進学の為解散していた時期もありますが)のリリースされた音源がすべて網羅されてます。全26曲収録。彼らの持ち味はやっぱり適度に乾きメロディック風味も少々な疾走ハードコア!そしてストレートで分かりやすい歌詞。SxEという考えも良くも悪くも現在に影響大。ともかくハードコアを聴きたいけど何から聴いて分からないという若者は絶対今作を聴くべきです、おそらくその後の人生が変わる事でしょう、僕もそうでした。(笑)
FUGAZI/REPEATER+3SONGS

(DISCHORD RECORDS DIS45)  CD 1580円
ジャンル:POST HARDCORE
1989年9月に録音した11曲入りアルバム「REPEATER」に同年6月に録音した3曲入り7”を追加した全14曲収録。1曲目”TURNOVER"のギターの炸裂からGUYのボーカルが入る時点で即刻ノックアウト。エネルギッシュな展開で本当にカッコ良いね〜。この頃は髪の毛伸ばしてるIANの繰り出すギターフレーズも一音一音聴くたびに新しい発見を与えてくれます。GUYもこのアルバムから本格的にギター弾き出してますしね。このアルバムと前作は当時ほぼリアルタイムで聴いたんですが、当時ハードコアっ子であった僕がその良さを気付くのは少々あと。今聴くと音の組み立て方とか精神的スタンスが圧倒的にパンクなのにねー。個人的には4曲目”MERCHANDISE"がキラーチューンであります。MUST or DIEな音源でありますよ!
GRAY MATTER/FOOD FOR THOUGHT+TAKE IT BACK

(DISCHORD RECORDS DIS49)  CD 1780円
ジャンル:EMO/MELODIC HARDCORE
1983年から86年まで活動。84年録音の1stアルバム曲と85年リリースのEPそして未発表曲、コンピ参加曲を収録した全19曲入り。1stアルバム「FOOD FOR THOUGHT」ではBUZZCOCKSの影響も伺えるパンキッシュなロックンロールサウンドを聴かせてくれます。こちらもなかなかカッコ良いが、それより85年録音の「TAKE IT BACK」EP収録曲がやば過ぎです!とても一緒のバンドとは思えないささくれ立ちながらも青臭いメロディー満開なサウンドにグッグッと来まくり。ぶつけ所ない衝動が全面に出ており、この時期このメンバーだからこそ出せたサウンドじゃないでしょうか?狙って出せる音じゃないです。本当に声枯らして叫びまくるJEFFのボーカルには心えぐられまくりですね。ともかくこのEPだけでも買いも買い!この切れっぷりは半端じゃない!

out of stock
SKEWBALD:GRAND UNION/ST

(DISCHORD RECORDS DIS50)  CD 780円
ジャンル:HARDCORE
1981年9月にLYLEが大学進学の為に脱退しMINOR THREATの残されたメンバーIANとJEFFがベースとギターを加えて始めたのがこのバンド。このバンドはライブは一度もやらず残された音源はINNER EARスタジオで録音された3曲のみ。結局その後MINOR THREATが再結成して立ち消えになったこのバンドですがカタログ番号50を記念してリリースされたのがそのうちの2曲を収録した今作。MINOR THREATのデモと偽ってブートテープで売られたこともあるらしく確かにまんまです。1曲目の後半曲展開がその後のDISCHORDを示唆する感じもあるかなとも思いますがでもやっぱまんま。バンド名はIANとJEFFが譲らず上記のように二つの名前があるってのが面白いですね。

out of stock
SOULSIDE/SOON COME HAPPY

(DISCHORD RECORDS DIS51)  CD 1780円
ジャンル:POST HARDCORE/EMO
1986年から89年まで活動。今作は87年リリースのアルバム「TRIGGER」に88年リリースの7”「BASS」、89年リリースのアルバム「HOT BODI-GRAM」を収録した全23曲入り。昨年IANの妹AMANDAらによるレーベルSAMMICHから再発リリースされた86年録音の1stアルバム「BECOMING LESS TO BE NOTHING」で聴けるREVOLUTION SUMMER期ならでは青臭いエモーショナルハードコアサウンドもこれまた相当良かったんですが、その後の音源である今作ではその青臭さは徐々に消えより硬質によりグルーヴィーに唸るサウンドはいぶし銀で噛めば噛む程にじんわり。その後メンバーのうち3人はGIRLS AGAINST BOYSにて活動。

out of stock
JAWBOX/GRIPPE

(DISCHORD RECORDS DIS52)  CD 1580円
ジャンル:POST HARDCORE/EMO
GOVERNMENT ISSUEのラストベーシストであったJ.ROBBINSがDISCHORDでスタッフとして働いていた事もあったKIMとJAWBOXを結成したのが1989年。90年録音のこの1stアルバムでは既にそのメランコリックなメロディーを絡めながらも硬質且つ柔軟性を持った音楽スタイルを確立してますね。その後のエモバンドに影響大と思いますが、4曲目の前半パートをBRAIDがパクってるって思うのは僕だけ?(笑)このアルバム以後、もう1枚DISCHORDからアルバムを出しメジャーに移籍し解散したのは97年。J.ROBBINSは数々のバンドのプロデュースをしながら、自身もBURNING AIRLINES、そして現在はCHANNELSで活動中。彼が関わるDESOTOも重要レーベルであります!

out of stock
SHUDDER TO THINK/FUNERAL AT THE MOVIES & TEN SPOT

(DISCHORD RECORDS DIS55)  CD 1780円
ジャンル:EMO/POST HARDCORE
86年結成。2003年にSAMMICH RECORDSから幻の音源と言われた88年リリースのアルバムと7”収録の「CURSES,SPELLS,VOODOO,MOOSES」が出ましたが、この音源はその音源の後89年に録音された「TEN SPOT」11曲と90年録音の「FUNERAL AT THE MOVIES」7曲を収録した全18曲入り。SAMMICHの音源はREVOLUTION SUMMER期のバンドに通じるパンキッシュな雰囲気も若干ありましたが、この音源ではそこらへんは陰を潜め聴かす方向に。以前のネチョネチョくねくね熱唱ボーカルスタイルも落ち着きそのボーカル表現のうまさを見せつけます。昔パンクレーベルとしてDISCHORDを認識していた時期、このアルバムを聴いた僕は正直引きまくりでありましたが、今聴くと全然捨てたもんじゃなーとも思いますね。特に「FUNERAL AT THE MOVIES」の陰りがある疾走感はかなりの完成度。ピュアでありますな!

out of stock
HIGH BACK CHAIRS/OF TWO MINDS

(DISCHORD RECORDS DIS56)  CD 1580円
ジャンル:POWER POP/GUITAR POP
3(THREE)解散後、89年JEFF NELSONが始めた4人組バンド。今作は90年から91年にかけて録音された1stアルバム。IANがこのバンドをDISCHORDからリリースするのを躊躇したのも分かるそれまでのレーベルカラーと違う音を奏でてます。で、肝心な音はずばりポップ過ぎるんです。ギターポップというよりパワーポップですね。DISCHORDの最初で最後のパワーポップバンドとかって言われたりしてます。肩の力が抜け本当に楽しそうに演奏してる姿が裏ジャケのメンバーの満面笑顔からも伺えます。全8曲、曲は本当に良いのでポップ好きな方は如何でしょうか?

out of stock
NATION OF ULYSSES
/13-POINT PROGRAM TO DESTROY AMERICA


(DISCHORD RECORDS DIS57)  CD 1380円
ジャンル:POST PUNK/ALTERNATIVE
1991年1月録音1stアルバム。1stアルバムの13曲にK RECORDSとのハーフリリース7”の3曲を加えた全16曲収録。全曲リマスター済み。カタログナンバー124「THE EMBASSY TAPES」で聴ける音源と比べ整合感は確かにありますが、暴発パンクサウンドは健全。プリミティブで感情の爆発に身を任せた音は正にパンク!ガレージロックンロールな勢いに確信犯的インテリジェンスな匂い、そしてメンバーのルックス、すべて含めて最高にクールでいかれてます、いかしてます。メンバーはその後MAKE-UPを結成するIAN SVENONIUS、STEVE GAMBOA、JAMES CANTYも在籍する5人組。本当にIANの土地狂ったボーカルは最高ですなー。ちなみにJAMES CANTYはDEADLINE〜RITES OF SPRING〜ONE LAST WISH〜HAPPY GO LICKYそして現FUGAZIのBRENDAN CANTYの弟です。

out of stock
HOLY ROLLERS/FABULEY

(DISCHORD RECORDS DIS59)  CD 1580円
ジャンル:POST HARDCORE/EMO
1989年にGRAND MALというバンドの2人がFIDELITY JONESのMARIAをドラムに加え結成。今作は90年リリースの1st「AS IS」と91年リリースの2nd「FABULEY」をコンボ作で全22曲入り。トリオ編成の彼らの持ち味は全員がボーカルが取れ曲によってボーカルが多彩にチェンジし、そしてその三者が織りなすハーモニーが美しいこと。ファンキーなビートを絡めたサウンドはミュージシャンシップに溢れており遊び心も多々でかなり面白い事やってると思うのですがやっぱDISCHORDの中では地味な存在ですね。LUNGFISHにも若干通じる説得力のある各ボーカルそして反復リフを多用したシンプルながら飽きの来ないロックサウンドは全然悪いわけが無い。
FUGAZI/STEADY DIET OF NOTHING

(DISCHORD RECORDS DIS60)  CD 1580円
ジャンル:POST HARDCORE
1991年に録音リリースされた11曲アルバム。2004年にリマスター済み。前作ではメロディーを追い歌を大事にしていた印象がありましたが、2本のギターのアンサンブルをより全面に出した今作、もちろんメチャクチャ刺激的!2曲目”RECLAMATION"のサビで聴かせるギターの音の洪水は最高にカッコ良い!音数を闇雲に増やすのじゃなく押しと引きを心得た曲展開。リズムと反復するフレーズで高まるグルーヴ感、体が自然に反応しちゃいますって!インストがあんまり好きじゃない僕もここで聴けるインスト曲は躍動感の塊でサクサク行けちゃいます。最高だ!!これまたMUST or DIEな音源でありますっ。
CIRCUS LUPUS/SUPER GENIUS

(DISCHORD RECORDS DIS63)  CD 1580円
ジャンル:POST HARDCORE/JUNK
このバンドメチャクチャカッコ良いです!IGNITIONのベーシストでありSOULSIDEの初期ベーシストでもあり、そしてこのバンド前にはFURYのボーカルもやっていたCHRIS THOMSONがボーカルが務めるこのバンドの結成は90年でこの1stアルバム全13曲は強烈なサウンドになってます。JESUS LIZARDに通じるジャキジャキギターにブンブン唸るリズム隊、それにCHRISの力強いボーカルが乗っかるこのサウンドの強靭さは半端無いです、曲も最高です!ジャンクバンド好きには是非とも聴いてほしいバンドですね。DISCHORDもこの時期の所属バンドは無敵だったと公言してますし、その一端を担っていた事も納得の私的激プッシュバンド!93年に解散後、CHRISはMONORCHID,SKULL KONTROLなどを経て、現在はRED EYED LEGENDSで活動中。こちらも強力だ〜!

out of stock
LUNGFISH/TALKING SONGS FOR WALKING

(DISCHORD RECORDS DIS66)  CD 1780円
ジャンル:ALTERNATIVE/INDIE ROCK
1988年結成で現在も活動中。今作はSIMPLE MACHINESとでハーフリリースされた89年録音の1st「NECKLACE OF HEADS」と91年にINNER EAR STUDIOでIANプロデュースで録音された2nd「TALKING SONGS FOR WALKING」の両アルバムを収録した全18曲入りCD。反復リフでガンガン押していきそのウネリに巻き込むスタイルはこの時点で既に確立しており、ボーカルのDANIEL HIGGSの説得力溢れる神聖な歌声が心打ちます。現在は余分な贅肉を削ぎ落としよりミニマムに行く彼らですが、この時点ではバックの演奏はパンキッシュな部分もあり、そしてDANIELも時に声を荒げ若さゆえの熱さも伝わってきます。彼らの事が気になるけどリリース枚数多いし何から聴いて分からないって方にはまずこのアルバムをお薦めします。激名盤!!

out of stock
SHUDDER TO THINK/GET YOUR GOAT

(DISCHORD RECORDS DIS67)  CD 1580円
ジャンル:ALTERNATIVE/INDIE ROCK
1991年録音、DISCHORDでは通算3枚目のアルバム。より完成度を増しその後メジャー行ったのも頷ける仕上がりです。繊細ながら時に力強く展開する曲の数々の美しさといったら。そして、包み込むような優しいボーカル、はっきり言って染みます泣けます。雰囲気的にTHINGYなどROB CROW関連と通じるもんを感じるのは僕だけでしょうか?で、前述の通りメジャーに行った訳ですが同じくメジャーに羽ばたいた(?)JAWBOXと共に本当にこの人達は才能ありまくりだと思います。メジャー後はギターとドラムが抜け、元SWIZのNATHANとJAWBOXのADAMが加入しサントラ提供曲でヒットを当てたりしてました。

out of stock
JAWBOX/NOVELTY

(DISCHORD RECORDS DIS69)  CD 1580円
ジャンル:POST HARDCORE/EMO
92年録音の2ndアルバム12曲入り。もう本当にカッコ良いですよね!流れるような美しいメロディー、それを可能にしてるJ.ROBBINSの力強く繊細な歌唱力。で、メロディーだけじゃなく躍動感を兼ね備えたサウンドは唯一無比ですよ。メジャーからかなりのオファーがありその後実際メジャーに行っちゃうんだけど、売れちゃってもおかしくないと思うクオリティーを持ってると思います。本当にその後のエモ・ポストハードコアバンドに影響大と思いますが、過去のバンドをなぞるだけだったり演奏テクニックだけ高度な事やって頭でっかちになってるバンドも多い中(流行が起こるとそんなもんですよね)、本当にJAWBOXはJ.ROBBINSによる所が多いと思うけど、自然体でさらっとこう言った音を当時出していたってのは驚異的だと思います。

out of stock
FUGAZI/IN ON THE KILL TAKER

(DISCHORD RECORDS DIS70)  CD 1580円
ジャンル:POST HARDCORE
1992年12月録音翌年リリースの12曲入りアルバム。「13SONGS」はEPを2枚収録した編集盤ってことでアルバムとしては3枚目のアルバムになります。1,2曲目が前作と打って変わって結構ストレートに飛ばしまくりでGUYそしてIANのボーカルが暴発、痺れます。内省的IANボーカルナンバーを挟み、4曲目もGUYボーカル炸裂。全編通して内に向かうベクトル曲と外にパワーを放出させる曲が絶妙に配置されており、激サウンドで飛ばしまくるサウンドが多いのが嬉しい限り。またIANとGUYが各々ボーカルを取っておりその色合いの違いが何ともいいですね!本当に甲乙つけ難くて。このアルバムは数10万枚単位で売れたらしくそれも納得&FUGAZIの知名度が一気に上がってったことでターニングポイントになったんじゃないでしょうか?これまた必超作!

out of stock
THE NATION OF ULYSSES/PLAYS PRETTY FOR BABY

(DISCHORD RECORDS DIS71)  CD 1580円
ジャンル:POST PUNK
1992年2月に録音した13曲2ndアルバムに91年9月録音の「THE BIRTH OF A ULYSSES AESTHETIC」の3曲を加えた全16曲収録。全曲リマスター済み。アルバム1曲目の冒頭でライブアルバムかと思わしてまたMAKE-UPみたいな事を〜。(笑)この頃からスーツ着用しだし、その後のMAKE-UPにまで繋がるって感じなのかな?今作はスピードでガンガン押してタイプの曲ももちろんありますが、ミディアムテンポな曲も結構多いですね。でもそこはこのバンド、IANの咆哮するボーカルに圧倒的グルーヴ感で音の渦にドグロ巻きまくり。時折入るサックスのフリーキーな音も不穏さを増幅させてますね。不協和音ノイズギターも炸裂で本当にカッコええな〜。IANのボーカルはDISCHORDの中ではGUYと双璧で獣度高く個人的に大好物であります。ジャズ、ファンク的アプローチ曲もあってその後のMAKE-UPに通じる感もあり。あとSTEVE GAMBOAの成りはクールであります!

out of stock
SEVERIN/ACID TO ASHES,RUST TO DUST

(DISCHORD RECORDS DIS72)  CD 1580円
ジャンル:EMO/POST HARDCORE
1989年から93年まで活動。ボーカル&ギターはSUPERBADというレーベルも運営しこのバンド以後はTHE DUSTERSを結成するALEC BOURGEOIS。そしてもう一本のギターはIRON CROSS,GRAY MATTER,3のメンバーであったMARK HAGGERTY。今作は91年にGRAY MATTERのボーカルGEOFF TURNERがプロデュースで録音されたアルバム曲8曲に3曲のボーナスを加えたもの。2本のカッティングギターにALECの甲高く青臭いボーカルが絡むロックサウンドでその後のDUSTERSに通じる感もあり。

out of stock
HIGH BACK CHAIRS/CURIOSITY AND RELIEF

(DISCHORD RECORDS DIS75)  CD 1580円
ジャンル:POWER POP/GUITAR POP
1992年録音6曲入り2ndアルバム。相変わらずのポップさ。エバーグリーンな瑞々しい楽曲はやっぱ熱心のパワーポップファンも納得する出来だと思います。って、そこらへんの人はやっぱDISCHORDのバンドは聴かないでしょうね・・。アメリカンパワーポップバンドCHOPPERとかに通じるタイトで甘酸っぱいメロディー満載で本当にええバンドだと思います。その後ギターのJIMがVELOCITY GIRLSに参加する為脱退し、JEFFも抜けしばらくしてバンドも解散したようです。
FUGAZI/INSTRUMENT

(DISCHORD RECORDS DIS80)  DVD 2180円
ジャンル:POST HARDCORE
FUGAZIの結成当初87年から98年までの軌跡を追ったドキュメンタリーフィルム。撮影者はJEM COHENという人で彼はIANと高校時代からの友人のようです。そしてREMやJONATHAN RICHMANなどのミュージックフィルムも手掛けてたよう。収録時間は115分。もちろんライブシーンも満載でその他スタジオセッション、練習風景、ツアーショット、インタビューなども盛り沢山!ミュージックビデオというより壮大なドキュメンタリーのような雰囲気を醸し出してます。尚、DVDにはビデオに収録されてなかったシーンも収録されてるようです。必見!

out of stock

SCREAM/STILL SCREAMING+THIS SIDE UP

(DISCHORD RECORDS DIS81)  CD 1780円
ジャンル:HARDCORE
1981年から90年まで活動。DCじゃなくヴァージニア出身。後期は徐々にスピードを抑えエモーショナルサウンドに変遷していった彼らですが、やっぱ82年リリースの1stアルバム「STILL SCREAMING」がカッコ良過ぎ!MINOR THREATと双璧な曲の良さ、そして7SECONDSを思わせるウォ〜ウォ〜コーラス。USハードコア特有の軽くキャッチーなナンバー目白押しで傑作も傑作!BAD BRAINSの影響大なレゲェナンバーも随所随所に飛び出すのにもニンマリでありますね。このCDには85年リリースの2ndアルバム「THIS SIDE UP」も収録でして、ハードコアテイストも残しながらも切々と歌い上げるボーカルに疾走する青臭げな曲満載でこちらも良い!BAD BRAINSのH.Rがプロデュースした前半もいいですが、個人的にはよりタイトな後半がツボ。全30曲入り。

out of stock

1ページ目  2ページ目  3ページ目

レーベル物産展に戻る


ホームへ